ニキビ跡の種類について

| トラックバック(0)
ニキビ跡の種類は赤ニキビ跡、色素沈着、クレーター、しこり、ケロイドの5つになります。
それぞれのニキビ跡の特徴を知っておくと、それぞれケアが違うのであとあといいでしょう。
赤ニキビ跡は、ニキビが悪化して赤くなったニキビが治っても、赤みだけが残った状態のことを言います。
色素沈着は、ニキビが出来たところにメラニンが色素沈着を起こして、赤いニキビ跡が茶色くなってしまう状態のことを言います。
クレーターは、ニキビが出来たところの毛穴周辺の細胞でも炎症が起こってしまって皮膚が壊れてしまってでこぼこな肌になってしまう状態の事をいいます。
しこりは、クレーターと同じな感じで出来ますが、違うところは皮膚が壊れてしまうときに体が修復しすぎて逆にしこりのようなものを作ってしまう状態のことを言います。
ケロイドはニキビの炎症がひどいときに毛穴がなくなってしまうくらい細胞が壊れてしまって、皮膚の修復時のコラーゲン線維が折り重なってに膨らんだ状態のことを言います。

赤ニキビや色素沈着は家でのケアが可能ですが、クレーター、しこり、ケロイドは家でのケアが難しくクリニックでレーザーをあてたりと治療するほうがいいでしょう。

こちら(⇒http://www.lidahapihatay.com/wordpress/wp-login.php )のサイトでさらに詳しくみる

トラックバック(0)

トラックバックURL:

このブログ記事について

このページは、yota02が2013年11月25日 21:18に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「美白には毎日の紫外線対策が一番」です。

次のブログ記事は「アメリカでの酵素ダイエットについて」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

2017年4月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30