2014年7月アーカイブ

英語の例ですが、ただ習わせるだけでは子供は英語を好きにならないし、上達もしないでしょう。ここで親御さんと一緒に英語で話そうとしてみたり、英語の書いたおもちゃであそんでみたりといった自然に楽しめることがあれば子供は自ら興味を持ち、自然と学んでいくでしょう。芸術ならば子供の好きなようにやらせてみることが大切です。たとえ紙ではなく、そこらの壁に絵を書いてしまったとしても、頭ごなしに叱ることは避けましょう。子供には子供なりの理由があって行動しています。たとえば汚されて困る壁には紙を貼っておけばいいのです。思いどおりにやらせることが子供のやる気や興味を維持していくポイントです。勉強についてもそうかもしれません。まずは興味のあることか好きなようにやらせる。そして成功体験をえられれば子供は自ら次のステップに進もうとします。もし壁にあたってしまったら、解決するヒントを与えると子供は自主的に考えて行動します。このプロセスが才能を伸ばしていくことに不可欠なのです。

表参道の美容室

このアーカイブについて

このページには、2014年7月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2014年4月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

2017年4月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30